お風呂 | 愛知県知多半島で観光ホテルをお探しなら、いいね!ホテルレシーア南知多へ!

ホテルレシーア南知多

お風呂

お風呂「トロンの湯」

数百年の歴史を持つ放射能泉療法の枠を科学的に再現させた「現代の秘湯」

お風呂

数百年の歴史をもつ放射能泉療法の枠を科学的に再現させた「現代の秘湯」いくつもの病院に通い続けても、希望がもてない体の異常。

そんな病気・病変が、人差はあるものの、短期間の入浴で大きく好転すると評判の人口のラジウム温浴水「トロン温泉」(別名・医科学の温泉)

うつや統合失調症等の精神・神経疾患から、体質的色合いの濃い慢性病、加齢や生活習慣などから生じる体の悩みに驚くほどの好転反応が現れるといわれています。

トロンの湯とは、ラジウム温泉の一種と考えればわかりやすいです。

トロンはトリウム系列の鉱物から出る放射線で、トロンの湯は画期的な「トロン抽出装置」によってつくられます。
トロンの湯の場合、さまざまな無機物が混じり合っているラジウム温泉と違い、不純物を一切含んでいないので、ストレートに体に作用する速効性があります。短時間の入浴でも体の芯までポカポカになったり「薬がよく効くようになる相乗効果」もみられます。

多くの利用者の方が、便秘、アレルギー性皮膚炎、冷え性、血圧の異常などは「すぐ悩みではなくなる」と仰っています。

多くの利用者の方が、便秘、アレルギー性皮膚炎、冷え性、血圧の異常などは「すぐ悩みではなくなる」と仰っています。
トロン生成装置の生みの親、元防衛大学名誉教授の畑晋理学博士は、トロン入浴では「尿意や便意が活発になって、体内の不要物をどんどん連れ出すようになる」と説明しています。

いいね!ホテルレシーア南知多のトロンの湯は、下記の症状の方に効能・効果が期待できる人工ラジウム温浴水です

レシーア南知多のトロンの湯は下記の症状の方に効能・効果が期待できる人工ラジウム温浴水
気管支喘息、高血圧、変形性関節症、糖尿病、慢性関節リウマチ、軽症慢性肝炎、神経痛、慢性胆のう炎、腰痛、慢性胃炎、痛風、胃酸過多症、尿酸素質、アレルギー性皮膚炎、動脈硬化症、便秘、冷え性、健康増進、身体の老化防止、胃腸疾患、高血圧脳卒中、痔、糖尿肥満、更年期障害、じんま疹、アトピー、椎間板ヘルニア、白内障、むち打症、自律神経失調症、脳血栓。

天然ラジウム温浴水と人口ラジウム温浴水の違い

天然ラジウム泉は各種の無機不純物が含まれておりますが、人工ラジウム泉は純粋のラジウム温浴水であります。
人間の体は有機質でなりたっているので、人工ラジウム温浴水は、有機物である果実酸水溶液を用いることにより、人間の皮膚に対する浸透性を持たせ、かつトロンによる肉体への活性化を増進させております。
トロンによる肉体活性化現象は、血液中のコレステロールや、過剰糖分などを分解し、これにより組織の中に停滞している、コリや痛みなどの原因である老廃物が排出され、病的変調をきたした細胞を活性化させることが分かっております。

トロンの湯の特徴と効果

トロン生成装置でつくられたトロンの原液は、希釈されてトロン浴槽内に導かれます。
入浴した人は皮膚から体内にトロンが浸透することによる強力なイオン化作用がおこることにより、入浴してから5分前後で快い発汗作用がおこります。
トロンが皮膚や呼吸を通して組織内に入り、発生するα線によってイオン化作用を起こし、血液中のコレステロール、過剰糖分などを分解し、それによって組織の中に停滞しているコリ、痛みなどの原因である老廃物が排出されます。
この時、体内に熱エネルギーが発生して、体温上昇し、生態反応がおこり、発汗作用が進むのです。
その結果、自律神経を調整し収縮した血管、気管支炎や腸などの緩解、あるいはホルモンの亢進、消炎、抗アレルギーという効果をもたらします。

酒樽露天風呂

お風呂

酒樽露天風呂造り酒屋で大正時代より使い続けた本物の酒造樽を湯船にした、風情ただよう露天風呂。
酒の染み込んだ風情に酔い、湯船に浮かんだ酒に酔い、酒処・知多の酒樽露天風呂を心ゆくまでお楽しみください。
※貸切り承ります。

温泉について

泉質 :ラジウム系トロン(大浴場のみ)
効能 :冷え性、美肌効果、疲労回復、健康増進、身体の老化防止、神経痛リウマチ、胃腸、高血圧脳卒中、痔、糖尿肥満、腰痛

トロンの湯のホルミシス効果

放射線のホルミシス効果と言う言葉は、アメリカのラッキー教授が少しの放射線の量だと「体の健康に役立つ」と提唱したのがきっかけで、現在では各国で、実験データや臨床データによる研究によってこの結果を裏付けています。

放射線は私達の細胞にあるDNAに少しの傷をつけています。
細胞は自らの生命を守るために、自己修復を促しているのですが、修復のできない細胞は自殺させてしまうプログラムを持ち、未然に除外します。
そして危険な要因をもってしまった細胞を、事前に取り除くことにより、重大な病を未然に防いだりします。
この活動をアトーシスと呼びます。
これも私達、生命が、自然界から発生する多くの障害から、自己を守り対抗して健康を維持するために自らが進化の過程で備えた大切な機能です。

トロンや岩盤浴の地域では、温泉や土壌、岩盤から発生するトロンや微量の放射線が、肉体が本来持っている自然治療力を刺激・活性化しています。
この微量のトロンや放射線が人間の自然治療力を刺激・活性化する効果を「放射線のホルミシス効果」といいます。
勿論、多くの放射線を刺激に浴びた場合は非常に危険ですが、少しの放射線を、時間をかけて利用する事は、私たちの生命の力を呼び覚まし、健康や若さのためにとても役立つのです。

トロン大浴場

美容と健康に良い医科学の温泉トロン(日本医科学温泉協会所属)

お風呂

トロンはトリウム系列の鉱物から出る放射線で、トロンの湯は画期的な「トロン抽出装置」によってつくられます。

トロンの湯の場合、さまざまな無機物が混じり合っているラジウム温泉と違い、不純物を一切含んでいないので、ストレートに体に作用する速効性があります。
短時間の入浴でも体の芯までポカポカになったり「薬がよく効くようになる相乗効果」もみられます。

入浴時間と回数

1回目は3分~5分間入浴し、2回目からは5分~10分ぐらいとし、 1日は2回から5回くらい湯にあたりの出ない様に充分な休息をとりながらご入浴下さい。
ご入浴してから3分間~5分間くらいで激しい汗が起こり、体内の老廃物の排泄作用が行われます。
入浴後は体に1時間以上の休息を与えてやりましょう。

注意事項

トロンの湯に入浴しますと、人によっては発熱、悪寒や発疹を見たり、あるいはそれまで異常のなかった個所に痛みを感じたり、急に痛みが激しくなる等の症状がおこることがあります。
それは一時的なもので心配はありません。
早急に治るもの程、はっきりと変化が現れる場合もあります。
このような症状が2・3日続いても、あとは次第に軽くなります。
このような時は、入浴時間、回数を減らすか、入浴間隔を1日か2日あけると回復します。
医科学のトロンの湯は身体の新陳代謝を高めるために、かなりのエネルギーを消耗させますので「熱のある方」「急性疾患」「厳しく衰弱している方」は入浴をご遠慮下さい。

0569-62-2400

お電話受付時間 8:00~24:00

〒470-3322 愛知県知多郡南知多町山海高座 41-35

ご予約はこちら

Copyright (C) いいね!ホテルレシーア南知多 All Rights Reserved.